【ダイエット】食べないと痩せない!余計に太っちゃいますよ!







せっかくやせたのに、すぐリバウンドしてしまったという経験ありませんか?

食べなければやせるのか?

ダイエットといえば、「食べない」。まず、これが基本になりますよね。

炭水化物と油分を控えれば、ダイエットは成功まちがいなし!こんな風に、考えている方が大半でしょう。

「食べなければ痩せる」これは、間違っているのでしょうか?確かに食べなければ、一時的に体重は落ちます。

しかし、すぐにリバウンドしてしまったり、少し食べただけでも太ってしまう体質になってしまうのです。

つまり、「食べなければ、痩せる」は、厳密に言えば不正解と言えます。

この事実を知らないまま、「全然食べてないのに、なんで痩せられないの?」と嘆いている女性がとても多くいます。

食べないのに、やせられないのはなぜ?

食べないということは、カロリーをとっていないということ。それなのに、なぜやせられないのでしょうか?そんなのおかしくないですか?

運動しないからでしょうか?

確かに、運動しなければカロリーは消費できませんから、それも理由の一つになります。

しかし、毎日の生活のなかで、一番カロリーを消費する行動は、何だと思いますか?

「もちろん、運動でしょう?」という声が多いでしょうが、なんと、一番カロリーを消費する行動は「食べること」なのです。

「食べること」って!?食べたら太るでしょう!?普通はそう思いますよね?

ダイエット中は特に、食べ物の摂取カロリーをとても気にします。

ところが、それ以上に、食べた後に体が食べ物を消化、吸収、代謝する。この「食べ物を消費するときに使うカロリー」が重要なのです。

食べない人は、この「消費するためのカロリー」が少ないので、食べたもののカロリーをうまく燃やすことができないのです。

そのため、太りやすい体質になってしまう、というわけです。

やせる為に、我慢して食べないでいるのに、これでは我慢している意味がなくなってしまいますね。

食べないことによるデメリット

では、食べないことによるデメリットにはどんなことがあるでしょうか?

代謝が悪く、痩せにくくなる。

食べないダイエットをしていると、体が飢餓モードになってしまい、省エネ体制に入ります。

そのため、代謝が悪くなり、痩せにくい体になってしまうのです。

ダイエットを終了して、食事を普通に戻しても、体は省エネ体制のままなので、リバウンドしてしまいます。

 

筋肉の量が減る

食べないダイエットをしていて、まず減ってくるのは、脂肪より筋肉です。

筋肉が減ってしまうことにより、基礎代謝量が減ってしまいます。

 

便秘・肌荒れになる

食べる量が減ることにより、当然便の量が減ります。便の量が減ると、便を排出するための力が弱まってしまい、便秘になりやすくなります。

便秘になることによって、肌荒れなども発生しやすくなります。

 

まとめ

食べないダイエットは、かえって太りやすい体を作ってしまう。
食べないことによって、便秘や肌荒れまで引き起こすことになる。
食べないだけのダイエットは、良くないことがわかりました。

でも食べ過ぎもいけません。適度な食事と運動をこころがけましょう。