【アンチエイジング】食べ物ランキングベスト15・老化防止に効く!







アンチエイジングに効果的な食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?

今回は、老化防止に役立つ食べ物をまとめました。

15位~10位

バナナ

たくさんの食品の中で、一番抗酸化作用が高いのがバナナです。

食物繊維もたっぷり含まれていますので、一日一本のバナナを習慣にするといいですね。

 

緑黄色野菜

緑黄色野菜には、ビタミン、カロチン、カリウム、カルシウム、鉄などの多くの栄養素が含まれています。

主な緑黄色野菜の効果は次の通りです。

・ニンジン 免疫力を高め、ガンの予防にもなります。

・トマト 悪玉コレステロールをやっつけます。

高血圧を予防します。

・ブロッコリー 肝機能を活発にします。ガンの予防にもなります。

・春菊 発がん性物質を分解して抵抗力を高めます。抗がん作用が最もあります。

・ほうれん草 ビタミンCを豊富に含んでいます。貧血予防になります。

・さつまいも 加熱してもビタミンCが壊れにくく、老化防止に良いです。

 

キャベツ

キャベツは緑黄色野菜にも負けず劣らず、強い抗酸化作用を持っており

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を防ぎます。

また、強い殺菌力を持っているため、ウィルスの侵入を防いだり、

ガンの増殖を抑える効果があります。

ビタミンCも豊富に含まれているため、美肌にも効果的です。

 

アボカド

森のバターと称されるアボカドも栄養価がとても高いです。

ビタミンA、C、Eがたっぷりと含まれており、強力な抗酸化作用をもたらします。

高血圧、動脈硬化などに効果があります。

 

にんにく

にんにくに含まれるアリシンという成分が、抗酸化に優れています。

コレステロールの上昇を抑え、生活習慣病を未然に防ぎます。

糖尿病の予防にも効果があります。

また、天然の抗生物質とも称され、抗菌力、殺菌力にも優れています。

 

しょうが

生姜にはジンゲロール、ショウガオールという成分が含まれています。

生の状態で摂ることのできるジンゲロールには

免疫力の増加、殺菌作用、吐き気、痛みを鎮める効果などがあります。

また、生姜を加熱することによって得られる成分、ジンゲロールには

強い抗酸化作用をもたらす効果があります。

アンチエイジングのためには、生姜を加熱して摂ると良いでしょう。

からだポカポカ!めぐりサラサラ【金時生姜プレミアム】

 

9位~4位

大豆

畑のお肉といわれる大豆にも、強力な抗酸化作用があります。

大豆に含まれるサポニンという成分には、脂質の酸化を防ぐ効果があります。

高血圧、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病を防ぎます。

また、大豆に豊富に含まれるイソフラボンも抗酸化力に優れています。

イソフラボンは、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、

骨粗しょう症、乳がん、前立腺がんを防ぎます。

コレステロールを低下させる作用もあります。

 

緑茶

緑茶に含まれるカテキンには、強力な抗酸化作用があります。

カテキンにより、老化の防止、生活習慣病の予防が期待できます。

また、緑茶にはビタミンE、C、βカロチンなどの栄養素もたっぷり含まれていますので

活性酸素の対策にはもってこいです。

その他、旨味成分のテアニンにはリラックス効果、血圧低下の効果もあります。

普段から飲み物を緑茶にすれば、手軽にアンチエイジングできそうですね。

 

ベリー

ベリー類にも強力な抗酸化成分がたっぷりあります。

いちご、ブルーベリー、ラズベリーなどの食材には抗酸化成分のアントシアニン、

美容に欠かすことの出来ない成分ビタミンCがたっぷりと含まれています。

また、眼精疲労や白内障、緑内障といった目の病気を未然に防ぐ効果もあります。

 

そば

お蕎麦にはとても強い抗酸化作用があります。

蕎麦に含まれるルチンという成分は抗酸化力がとても強く、血管を強くしてくれます。

脳梗塞や心筋梗塞の予防になります。

主食ですが、血糖値が上がりにくいです。

また、カテキンも多く含まれていますので、殺菌作用も期待できます。

ビタミンB2も非常にたくさん含まれているので、美肌効果も抜群です。

ご飯のメニュー選びに迷ったら、お蕎麦を選ぶと良いでしょう。

アーモンド

アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれています。

その量は食品の中でもトップクラスと言われています。

ビタミンEの抗酸化作用はとても強力で、新陳代謝を高める作用もあるので

シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の定着を防いでくれます。

またオレイン酸もたくさん含まれるので血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。

美肌やダイエットにも効果的です。

小腹がすいたときのおやつにはアーモンドを選ぶと良さそうですね。

 

りんご

一日一個のリンゴで医者いらずと言いますが、りんごにも様々なアンチエイジング効果があります。

ポリフェノールによる活性酸素の抑制効果で老化を防止します。

ペクチンにより、便秘を解消し、腸内環境を改善します。

また、脂肪の蓄積を抑えて、内臓脂肪をつきにくくする作用もあります。

アンチエイジングだけでなく、ダイエットにも効果を発揮してくれそうです。

 

3位~1位

3位 オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、サバ、アジ、イワシ、サンマなどの青魚に多く含まれます。

オメガ3脂肪酸には様々なアンチエイジング効果、健康効果があり、

脳の老化防止、生活習慣病の予防、コレステロール、中性脂肪を下げる作用、

動脈硬化の予防、抗うつ作用などがあります。

また、ダイエットの促進作用や肌をきれいにする作用などもあり、

是非、積極的にとりたい栄養素の一つです。

週に2回ほど青魚を食べるようにすれば、十分に摂取できますので、

週に2回の青魚を習慣にしたいですね。

 

2位 ダークチョコレート

ダークチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

赤ワインの2倍の量のポリフェノールが含まれると言われています。

ビタミンA、B、Eが豊富で、血液の流れを促進し、綺麗にしてくれるため

血圧の抑制にも効果があります。

肌の炎症を回復する作用もあり、キメを整え、保水力をアップしてくれます。

ストレスを緩和する働きもあるので、疲れた時などダークチョコレートを一口食べれば

疲れも癒されることでしょう。

カカオマス含有量が70%以上のものを選びましょう。

 

1位 オリーブオイル

オリーブオイルにはアンチエイジングに効く成分がたくさん含まれています。

まずはオレイン酸。悪玉コレステロールを減らし、生活習慣病の予防、改善に役立ちます。

便秘にも非常に効果的です。

リノール酸には血中コレステロールを下げる作用があります。

アルファリノレン酸は、体内に入るとDHAやEPAに変換され、血液をサラサラにしたり、

脳を活性化する働きをします。

ポリフェノールには抗炎症作用、抗酸化作用があり、肌荒れにも効果的です。

ビタミンEmo抗酸化作用が高く、老化防止に効果的です。

このように、オリーブオイルには様々なアンチエイジング作用がありますので、

スプーン1杯のオリーブオイルを毎日の習慣にするのが良いですね。

いかがでしたでしょうか?アンチエイジングに効果的な食べ物を意識して取り入れるようにすれば、健康にも良さそうですね。

アンチエイジングケアにオールインワンゲルがおすすめな理由とは?

2017.11.12

子育てママ必見!時短節約のスキンケアにオールインワンゲル12選

2017.09.05