【コンプレックス】克服する・もう気にしない・劣等感を解消する方法







今回は、コンプレックスの克服法についてのお話です。

あなたはコンプレックスがありますか?

学歴にコンプレックスがあります。

大学受験に失敗して、親戚の中でわたしだけ、専門学校卒です。

今は、会社員として働いていますが、同僚も大卒がほとんどで、コンプレックスです。

一重まぶたがコンプレックスです。

子供の頃から、目が小さく一重なのがコンプレックスで、

今はメイクでごまかそうとしていますが、コンプレックスはぬぐえません。

足が太いのがコンプレックスです。

短いスカートや、細身のパンツは履けません。

背が低いことがコンプレックスです。

背の高い女性と並ぶのがとても苦痛です。

胸が小さいのがコンプレックスです・・・。

 

コンプレックスは誰にでもある

誰にでも、どんな人にでも、何かしらのコンプレックスはあるものです。

自分の外見や性格、育ってきた環境など、

「もっと○○だったらよかったのに」

「なんで私って○○なんだろう」などと思うことがあるでしょう。

このようなコンプレックスは、思春期に生まれることが多いようです。

自分と他人を比較することによって生まれた「劣等感」を

コンプレックスとして、強く意識します。

これは「他人からどう思われるのか?」を意識しすぎるのが原因です。

自分が思うほど、他人はあなたのことを、意識して見ていません

あなたがコンプレックスとして、ひどく気にしているその事を、

他人はなんとも思っていませんよ

そんな事を気にするくらいなら、もっと他に、夢中になれることを探してください。

趣味でも、スポーツでもなんでもいいです。

コンプレックスから、目をそらせと言っているのではありませんよ。

誰でも、多少なりともコンプレックスは持っているものです。

コンプレックスなんて、自分だけじゃない、誰にだってあるのだと

認めてしまえば、過剰に反応せずに済むのです。

 

コンプレックスが原動力になる

コンプレックスがなければよかったのに。とたいていの人は思うでしょう。

しかし、コンプレックスがあるということは、悪いことばかりではありません。

コンプレックスがあったほうが、行動を起こしやすいのです。

例えば、人見知りで引っ込み思案だった子が、それを克服するために

劇団に入って、俳優になったなんて人もいますよね。

また、勉強が苦手な子が、スポーツを頑張って、優秀な成績を残すなど、

コンプレックスを克服するために、別の面で頑張って良い結果を出すという事もよくあります。

このように、コンプレックスから目をそらさず、自覚することで

それを原動力にすることもできるのです。

 

コンプレックスを人に話す

コンプレックスなんてものは、たいていが自分だけの問題で、

他人は何とも思っていない、という場合がほとんどです。

コンプレックスに思っていることを、少しずつでも口に出して言ってみましょう。

笑いのネタにでもしてしまえばいいんです。

自分の中でだけ、抱え込むから苦しいのであって、

少しずつでも出していければ、どんどん楽になりますよ。

まとめ

・自分が気にしているほど、他人は何とも思っていない。

・克服したければ、そのために何か頑張ってみる。

・人に少しずつでも話してみる。

・笑いのネタにでもしてしまえ。

コンプレックスなんて、誰にでもあるもの。

他人は何とも思ってないって、思えれば、

それほど気にならなくなるかもしれませんね。