【犬のマイクロチップ】必要性・デメリットは?心配な時の解消法







今回は、犬のマイクロチップの必要性についてお届けします。

マイクロチップとは?

マイクロチップ(MC)とはIC(超小型集積回路)に犬の個体識別番号を書き込んだ、直径2ミリ、長さ12ミリほどのガラスの小さなカプセルのようなものです。簡単に言うと、動物のための身元証明のようなものです。その中に15桁の、世界で1つの個体識別番号が入っているので、専用の読み取り機(リーダー)を近づけると、ディスプレイに番号が表示されます。獣医師、動物愛護センター、検疫所の職員など限られた人だけがアクセスできるデータベースで照会すると、登録されているペットの名前、飼い主の連絡先などの情報がわかります。

マイクロチップの埋込みはどこでするの?痛みは?

マイクロチップは動物病院で、獣医師が注入器をつかって、犬の背中側の首筋のあたりに埋め込みます。犬は生後2週間ほどで埋め込みできると言われていますが、個体差があるので、動物病院の獣医師に相談すると良いでしょう。

痛みは通常の注射とあまり変わらないので、それほど負担はありません。あっという間に終わります。またマイクロチップ自体には電池は必要なく、半永久的に使用できます。首輪や名札のように、落ちたり、無くしたり、壊れたりすることもありません。

埋め込んだマイクロチップの破損、副作用、ショック症状などについては今まで1件も報告されていないようです。

費用は数千円から1万円ほどで、病院によって金額が違います。助成制度がある自治体もありますので、確認してみましょう。また、データの登録に別途1000円かかります。

マイクロチップを埋め込むメリットとデメリットは?

メリット

・迷子になったとき、地震や災害、盗難、事故などで飼い主とはなればなれになるようなことがあっても、どこかの動物愛護センターなどに収容されていれば、マイクロチップのデーターを参照にして、飼い主のもとに戻ってくることが可能になります。

 

デメリット

・金銭的な負担がある

・安全性が高いとはいえ、身体的な負担になる

・マイクロチップリーダーがないと、情報を得ることができない。

・MRIの検査で画像が乱れることがある

 

マイクロチップを入れたくない方は迷子札

マイクロチップは安全と言われても、やっぱり心配だったり抵抗感がある方は多いです。

マイクロチップの目的が、迷子になったときの名札替わりになる、というものであれば

何も体に埋め込まなくても、名札をつければ解決します。

マイクロチップとは違って、常に身につけていないとその効果は発揮できません。

名札は取れてしまうかもしれないというデメリットはあるものの

いくらかの不安は取り除けるはずです。

マイクロチップのかわりとして、名札の装着を検討してみてはいかがでしょうか。

首輪にネームタグが組み込まれているタイプです。
ぶら下げるタイプと違って、スッキリしますね。
色の組み合わせも選べて、とってもおしゃれですよ。

こちらは首輪に取り付けるタイプのものです。
いろいろなデザインのものがあります。
お手持ちの首輪に、簡単に取り付けられるので便利です。

マイクロチップについて、メリットデメリットも含め、調べてみました。マイクロチップ埋め込みによる、デメリットも少しはありますが、メリットも大きいので、大事な愛犬にとってどちらが良いのかじっくり検討してみるといいでしょう。

迷子札での代用も検討してみるといいですね。

参照:日本獣医師会