【犬を飼うのにかかる費用】一年にいくらかかる?必要なものは?







今回は、犬を飼うのにかかる費用についてお届けします。

犬を飼い始めるときに必要になる費用は?

項目費用の目安
混合ワクチン接種16000円(8000円×2回)
健康診断3000円
狂犬病予注射3500円
畜犬登録3000円
ハウス・お世話グッズなど30000円
合計55500円

 

毎年かかる費用は?

フード36000円
おやつ12000円
トイレシーツ12000円
シャンプーなどケア用品6000円
トリミング80000円(犬種による)
狂犬病予防注射8000円
混合ワクチン接種8000円
フィラリア症など予防薬6000円
健康診断4000円
合計167500円

 

その他の費用

・不妊・去勢手術 オス2000円~50000円 メス30000円~70000円

・病気・怪我の治療費

・服・おもちゃ代など

 

以上が、だいたいの費用の目安です。

いろいろな費用がかかるんですね。

犬を飼うのに必要なお世話グッズ

ケージ・サークル

室内で飼う場合は、フリーにして飼うのもいいですが、犬の安心出来る場所として、囲いがあるケージやサークルがあったほうがいいでしょう。子犬の頃は特に、いたずらや誤飲の心配もありますので、留守番はケージの中が安心です。

ケージには、木製のもの、折りたたみができるもの、掃除が簡単にできるもの、などいろいろな種類とサイズのものがありますので、お部屋やわんちゃんのサイズにあったものを購入しましょう。

 

ハウス・犬小屋

お外で飼うわんちゃんには、屋根がある犬小屋を選びましょう。木製のもの、プラスティック、スチールのものなどがあります。大きさもいろいろありますので、居心地のよさそうなものを選んであげるといいですね。

ベッド

犬用のベッドにも、いろいろな素材、形のものがあります。デザインが素敵なものもたくさんありますので、選ぶのが楽しいですね。

またドーム型のものなどもあるので、季節によって変えてあげるといいでしょう。

トイレグッズ

トイレは、トイレトレーにペットシーツを挟んで使うものが一般的です。大きさもレギュラー・ワイドなど何種類かありますので、置き場所にあったものを購入しましょう。お出かけ用の紙おむつなども売っていますので、心配がある場合は購入を検討するといいでしょう。

食事グッズ

食器もプラスティック、ステンレス、陶器のものなどがあります。それぞれ一長一短ありますので、お好みで選びましょう。自動給餌器というものも売っています。どうしてもお留守番の時間が長くなってしまう場合は、そのようなものに頼ってみる手もあります。

お水を飲む器、給水器、いつでも新鮮な水が飲める自動給水器などいろいろあります。

食器などは、たくさんの種類が売っているので、わんちゃんにとっていいものを選んであげましょう。

ペットキャリー・クレート

クレートもプラスティックのもの、布製のものなど、サイズもいろいろあります。車で移動するとき、病院に行く時、災害時の避難用などに使います。自宅でハウスとして利用することもできます。1つは用意しておくといいでしょう。

首輪・リード

首輪やハーネス・リードもいろいろな種類があります。いくつかのタイプのものを購入して、使う場所などによって、使い分けてもいいですね。

グルーミンググッズ

くしやブラシ、耳掃除のローション、シャンプー、散歩後の足拭きウェットティッシュなど。グルーミンググッズも揃えておきましょう。

ドッグフード・おやつ

好みや、体質に合う合わないがあるので、愛犬に合うものを与えましょう。最初は、ペットショップなどで与えられていたものと同じものがいいですが、徐々に違うものに変えてみてもいいですね。


服・おもちゃ

かわいいものがたくさんあります。お好みのものを選びましょう。

ットショップやホームセンターなどには、さまざまな犬用品が取り揃えられています。またネットショッピングなら簡単に購入することができますので、楽しんでお買い物できますね。

犬を飼うのに必要なこと

犬を飼うということは、犬を一生面倒みるということです。「こんなはずじゃなかった。」というようなことにならないように、よく考えてから飼わなければいけません。何があっても家族の一員として、愛情をもって、一生世話をするという覚悟が必要です。食事や散歩、ブラッシングやシャンプーなどの世話がちゃんとできるのか、しつけや健康管理にしっかり気を配ることができるのか、よく考えましょう。

また、えさ代や医療費など、犬を飼うにはお金がかかります。経済的にも余裕をもって飼えるのかをじっくり検討して、決して軽い気持ちで飼い始めることがないようにしましょう。