【40代】食べてないのに何故太る?2つの理由と解決方法







そんなに食べてないのに、どんどん太ってくるのよね。

どうして歳をとると、太りやすくなるの?

40歳前後になると、どんどん太りやすい体になっていきます。おなかがぽっこりの中年体型。いやですね。

20代~30代の頃と食べる量も、運動の量もそれほど変わっていないはずなのに、なぜかどんどん太ってくる。これは、ずばり、老化現象です

まだ、40なのに、老化現象だなんて言わないで!!

そうなんですよね。40代なんて、自分では正直、まだまだ若いつもりですし、20代や30代の頃とそんなに変わっている自覚はないんです。

ですが、悲しいことに、確実に老化は始まっているのです。

基礎代謝量の低下

老化のひとつにあげられるのが、基礎代謝量の低下です。体は、じっとしていても、心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を保ったり、と体を維持するエネルギーを使っています。このエネルギーは主に、筋肉でつくられています。40代をすぎるとこの筋肉の量が、がくんと少なくなるのです。筋肉の量は、マメに運動をしている人でも、歳をとるにつれ、少しずつ少なくなっていきます。この、筋肉の量の減少が、中年太りの原因なのです。

体の中で、一番大きい太ももの筋肉は、40代では20代の約90パーセント、60代では20代の約70パーセントにまで減少します。

その減った筋肉がどうなるのかというと、なんと、脂肪にかわってしまうのです。この脂肪が体脂肪です。

基礎代謝量が減少すると、食べたぶんのエネルギーを消費しにくくなるので、あまったエネルギーが脂肪になり、太りやすくなるのです。

食べる量は増えていないのに、太りやすくなるのは、この筋肉の減少による、基礎代謝の低下のせいなのね。

女性ホルモンの低下

次に、40代になるとエストロゲンが徐々に減少してきます。妊娠、出産には不可欠なエストロゲンですが、内臓脂肪を代謝する働きもあります。40代~50代の更年期に入ると、このエストロゲンの減少によって、内臓脂肪がつきやすくなってしまうのです。女性はもともと、お腹やおしり、太ももなどに、皮下脂肪がつきやすい傾向にありますが、更年期以降には皮下脂肪より内臓脂肪がつきやすくなりますので、糖尿病、高血圧、動脈硬化、心臓病といった生活習慣病にも注意が必要になります。女性の場合、腹部90cm以上あると立派なメタボ予備軍です。また、体重は標準の範囲内でも、体脂肪が高いという人も増えてきます。

40代以降は、皮下脂肪だけではなく、内臓脂肪のことにも注意して、生活しなければいけないということです。

生活習慣病だなんて、怖いですね。どうすれば、ふせげるのでしょうか?

痩せるためには

体を動かす習慣をつける

まずは、体をこまめに動かすような習慣をつけましょう。わざわざスポーツジムに通ったりする前に、日常生活の中で、運動になるようなことから始めましょう。少し遠いところまで歩いて買い物に行ったり、エスカレーターを使わずに階段でのぼったり。たくさん歩く習慣をつけるだけでも、筋肉が増え、代謝がよくなり、どんどん体はかわっていきます。今までそんなに運動をしてこなかった人が、急に、マラソンをはじめたりしたら、かえって体に悪いので、歩くことから始めるのがおすすめです。

食事は腹八分目

昔から言われていることですが、やはりこれに限ります。食事は腹八分目にしておきましょう。

無理な食事制限などをしても、体を壊すし、すぐにリバウンドしてしまいます。炭水化物や脂っこいものを控えめにして、野菜やきのこ、魚や大豆製品などを豊富に食べるといいでしょう。当たり前のことと思われるかもしれませんが、この基本をまずはしっかりと守っていくのが一番です。「一週間でどうしてもやせなきゃいけない!」なんて非常事態が起こる前に、今から始めておきましょう。

40代になったら、太りやすいという事を自覚して、食生活と運動に気をつけなければいけませんね。

痩せるサプリおすすめランキング14選!食事制限なしで痩せる!

2017.10.17

お腹痩せグッズランキング15選!即効・簡単にウエストを引き締める!

2017.08.10

脚が細くなる!脚やせグッズ人気ランキング14選・効果があるのは?

2017.07.31