【嫌な事】忘れるコツ!悲しい・つらい事早く忘れるための2つの方法







いやなこと、悲しいことがあると、早く忘れてしまいたいと思いますよね。

どうやったら早く忘れることができるでしょうか?

嫌な事、悲しい事を早く忘れたい

嫌な事、悲しい事があると、何をしていても楽しくないし、何だか体の調子まで悪くなっちゃう。

忘れよう、忘れようと一生懸命に努力しているのに、なかなか忘れられなかったり、逆にそのことについて何度も考えてしまったり。

自分で自分の気持ちをコントロール出来ず、こんなに辛い気持ち、一体いつまで続くんだろう?と途方に暮れてしまいます。

実はこの「忘れよう」「思い出さないようにしよう」という努力が心理学的には、全くの逆効果だというのです。

シロクマ実験

実験協力者を3つのグループにわけ、シロクマの一日を50分ほどにまとめた映像をみせます。

そして、観終わったあとに、3グループそれぞれに

1・シロクマの事を覚えておくように

2・シロクマの事は考えても考えなくてもいい

3・シロクマのことだけは絶対に考えるな

と、別々のことを告げます。

そして、1年後、シロクマの映像の内容を一番よく覚えていたのは、なんと3の「シロクマのことだけは考えるな」

と告げられたグループだったのです。

考えるなって言われたほうが、覚えてるなんて、不思議ですね!

忘れようと頑張らないこと

この実験でわかることは、忘れようと頑張れば頑張るほど忘れられないという事です。

忘れようと頑張ることが、脳には「覚えておけ」という伝令になっているなんて、驚きですよね。

では、どうすれば忘れられるのでしょうか?

 

どうすれば忘れられるの?

それは、「忘れようとしないこと」です。

忘れようとしても、忘れられないんだったら、いっそのこと、その事に対して、考えて考えて考え抜くのです。

人は半年くらいたつと、その対象への興味が薄れていく、という機能を持っています。

悲しい事やつらい事は3ヶ月くらいまでは、なかなか忘れられませんが、3ヶ月を超えると急速に記憶率が下がり始めて半年たつと

ほとんど忘れることができます。

半年もつらい気持ちをひきずりたくないんですが・・・

もっと早く嫌な事を忘れるには

つらい気持ちをはきだしましょう。

自分の中だけで、つらい気持ちと戦うのは、とても大変です。悲しい、悔しい、腹が立つ、などその気持ちを隠さず人に話しましょう。

自分の失敗も含め、自虐的になってもいいので、人に話してしまいましょう。

もし、そんな話をする相手がいない、どうしても話したくないという場合は、日記に書きましょう。

日記だったら誰の目も気にせず、思いをそのままぶつけることができます。

思ったことすべて、そのまま日記に書きなぐってやりましょう。

この二つを同時にできれば、さらに効果的です。そうこうしているうちに、もうどうでも良くなってきて、

「こんなこと考えてるだけ無駄だ」と思えるようになります。

まとめ

つらい事、悲しい事、嫌な事、誰でも少なからずあるでしょう。

その気持ちを誰にも話さず、どこにもはきださず、自分の中に溜め込まないでください。

中には、そんな気持ちにフタをして、自分でも傷ついていないんだと思い込もうとする人もいます。

そんな人は、今度は体に不調をきたすようになってしまうのです。

忘れたいようなつらい出来事からは、出来るだけ目をそらさず、これでもかと言うくらい考え抜いて

どんどんアウトプットしていって下さい。そうすれば、いつの間にか、自分の中からも出て行ってしまいますよ。

・人に話す

・日記に書く

忘れたいようなことがあったら、この2つを試してみてください。

つらいこと、考えまいとするのは間違いだったんですね。

友達に話すとスッキリするのはこういう事だったのかも。

 

コーヒーでも飲んで、リラックスしましょ♬